たくさんの種類があるシミを知ろう

バナー

たくさんの種類があるシミを知ろう

シミは皮膚に過剰なメラニン色素が沈着し、茶色の斑点ができてしまったものです。色の濃淡や大きさは、さまざまです。

「シミ」と一口にくくられてしまいがちな、この美容の大敵ですが、いくつかの種類があります。

毎日のお手入れだけでは消せず、例えば皮膚科などで本格的な治療を行おうと考えた場合、種類を確認することが大切です。

エキサイトニュースの知識を持つことが重要です。

治療法には、特定の種類には効くけれど他のものには効果がない、ということがよくあるからです。

まず、小さくて子供の頃からある、たくさんのちらばるようなシミは「雀卵斑(そばかす)」です。

大人になってからできたものなら、「老人性(日光性)色素斑」の可能性が高いです。

1センチ以上の大きいもので、ほおに左右対称で出てきているものは「肝斑」かもしれません。

また、目の下のクマと間違えられることもある「遅発性両側性太田母斑様色素斑」というものもあります。
皮膚が炎症を起こしたことで跡が残る「炎症後色素沈着」も気になるシミです。


できてしまい、きちんと治療したいときには専門家に相談するのも1つの手です。
肝斑などにはレーザー治療はあまり向きませんが、遅発性両側性太田母斑様色素斑のように有効なものもあるからです。



原因は種類により違います。

例えばそばかすは遺伝によることが多く、大人になると薄くなることがあります。

池袋のシミ 情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

しかし大半のシミは紫外線や加齢、ストレスなどによる後天的なものです。
「加齢」といっても早ければ20代から発生するので、予防のためにも紫外線対策やビタミンの摂取、不規則な生活はしないようにするといった積み重ねは、若いときから重要になります。
複数の種類が同時に発生することもあるので予防に努め、発生したら種類を知り、適切に対処しましょう。